女性用育毛剤を使ってみよう

女性で育毛剤を使ってます、というとちょっと変かな~と思っていました。
実際私の回りでは使っている人はいないみたいだし。
あ、私40代の主婦なんですけどね。
この頃少し生え際がアブナイ、と思っているんですよ。

 

ていうか、もうだいぶ前から薄くなっていたんでしょうけどね、気づかなかったのです。
薄毛ってほんとにじわじわ進行するから最初は気がつかないです。
かなり抜けちゃってから、あれ?なんか変、と思うんですね。

 

それで、いつごろから抜け始めていたんだろう?と考えるんですがわからない。
写真でも残っていれば以前のものを見比べて、このころはまだあった、とか、このころにはだいぶ抜けてる、とか検証するんですが。

 

毎日自分の顔を見ているのに、いや、見ているからこそ変化には気づかないものです。
それに、まさか自分が薄毛になるなんて思っていなかったから。
鏡はもちろん毎日見るけど、たるみはどうかな、目はくっきりしてるかなとか、そんなことばかり考えてみてましたからね。

 

顔の衰えとともに髪の毛も衰えてくるんだってことが初めてわかりました。

 

 

私のまわりの薄毛の実態

薄毛になる年齢というのは、まわりの友達知人を見るとだいたい40代になってからかな。
中には20代でも薄くなる人はいるけど、そういう場合はちょっと特殊な理由があったりします。

 

老化現象として薄毛が現れるのは40歳を過ぎてからというのが普通に思えます。
でもその程度はかなり個人差があって、多少抜け毛が増えてきたとか、髪に元気がなくなってきた、
という人もいれば、ハッキリ地肌が見えている人もいる。

 

ケアしたほうがいいのは、他人から見ても薄毛、とわかる時かなと思います。
本人がいくら髪が・・・と言っても、はたから見てわからなければケアすることはないですよね~。
薄毛ってダイエットと同じで、実際はそれほどでもないのに本人はすごく気にしてることがありますね。

 

気にしすぎてそんなに禿げてないのにAGAサロンに相談に行く人もいるそうですよ。
薄毛恐怖症っていう感じですね。
今禿げているから、というよりも、これから薄くなっていくのがコワいということなんだと思います。

 

確かに薄毛というのは主観的なものでもあると思います。
同じ薄さでも、禿げと感じる人と感じない人がいますよね。
客観的に薄いかどうかより、本人がどう思うかが大事と聞いたことがありますが確かにそうだな、と思います。

 

これは薄毛だけじゃなくて外見に関わること一般に言えることではないかと思います。

 

 

私のまわりの人でも薄毛を気にしている人、気にしていない人がいます。
もしかしたら気にしていないふりをしているのもあるかもしれませんけどね。

 

何故気にしないふりをしているかと考えると、増毛にはお金がかかる、という先入観があるからというものありそうです。
できれば髪を増やしたい、薄毛を改善したいけど、そのために毎月かなりのおカネがかかるなら無理。
なので、自分には薄毛治療は無理だから諦める、気にしないことにするという心理もありそうです。

 

 

薄毛は専門家に言わせると改善できるということなんですね。
100%ではないにしても、改善する可能性はあるということです。

 

AGAクリニックに行っても変わらない人も確かにいるみたいです。
発毛サロンなどはもっとあやふやな感じですね。
それにこういうところはかなりお金がかかります。
私でも通い続けることは無理と諦めると思います。

 

でも、薄毛の人の中には育毛剤だけで薄毛が改善されて髪が生えてきたという人もいるのです。
私の知人でもいます。

 

育毛剤はAGAサロンや植毛に比べるとめちゃくちゃ安いと言えます。
それで改善できるなら試してみた方がいいかなと思いますね!

 

もちろん育毛剤をつけてさえいれば髪が生えてくるというものではないと思います。
頭皮や髪にいいヘアケア製品を使うことは必須だと思います。
そして、少し使って生えないからと言って諦めるのではなく、しばらく継続して使うことが大事です。

 

私もヘアケア製品に気をつけて生活にも気をつけて、そのうえで育毛剤を使うようにしています。
そうすると、以前に髪がなかったところに産毛みたいな柔らかい髪の毛が増えてきました!

 

実際に生えてくるとすごくうれしいものですね~。
これからも育毛剤を色々試してみて、自分に一番合ったものを使っていきたいと思っています。